英会話ライフ、挫折危機はこうして乗り越えました

ちょっとしたことで英会話教室での挫折を乗り越えることができた!

リンゲージで1年ほど英会話を習ったんだけど、もともと仕事でビジネス英語が必要ってわけでもなく、プライベートで話せたらいいな程度のきっかけだったこともあり、挫折や停滞期などもあったわけです。それをどうやって克服したか、まあ他人から見ればたいしたことないことでも、わたしにはいい経験になったので、それをツラツラ書いてみます。

わたしが使ったモチベーション回復術

その1|カウンセラーに相談

英会話教室を選ぶとき、たぶんあまり気にしてない人が多いと思うんだけど、実はカウンセラーさんの存在はとっても重要。

レッスンについていけないとか、あんまり上達を感じられなくなったときとか、日本語で相談できるのはなんといっても助かります。

先生がどんなふうに自分を見ているのかも、先生から直接いわれるのとは別に、カウンセラーさんから聞かされると、先生もちゃんと自分を見てくれていることがより実感できるっていうか…。

まあ、あちらとしては辞められたら困るってこともあるかもだけど(笑)、親身に対応してくれるスタッフさんがいてくれたおかげで続けられたと思う!

その2|以前のテキストを見返す

最初は「FD」レベルっていうテキストで、単語とか単文ばかりが載ってて、正直楽勝だなって思ってました。でも、途中からレベルアップしていることがテキストを見てもわかるので、これがけっこうモチベーションアップになる!

DVDのドラマも最初の頃は何回も見返すことで内容を理解する感じだったのが、途中からスッとわかるようになってきて、こういう進化が実感できるのもすごくうれしいんですよね!

その3|休会してみる

実際、わたしの性格だとスムーズにスキルアップできたわけじゃなくて、5ヶ月目の頃、ほんとに辞めようかなって考えたことがあったんです。

もちろん、カウンセラーさんに相談。そしたら「一度休会してみてはどうですか?」といわれて、もう素直に従いました。

これで解放されて楽になったかというと逆で、なんかサボってる罪悪感とか、レッスン仲間に取り残されちゃうかもっていう不安とかが膨らんできて、2回レッスンを休んだあと、ちゃんと復帰したんです!

まあ、一種の気分転換にはなったし、わたしが通ってたリンゲージは無料で休会できたことのおかげかも?

その4|目標を思い出す

他の習い事とかダイエットもそうだけど、最初のうちは新鮮味もあるし、どんどん上達しているのがわかるんだけど、ある時期になると伸び悩むって感じになって、そこを乗り越えられないことも多い…。まあ、レッスン仲間とは仲良くなってたので、みんなに会いに行く程度の惰性になってたかも!?

そんなとき、初心に返るってことで、雑誌のハワイ特集号を買って、もう一回モチベーションをアップしてみた。来年にはハワイのこの店に行くぞ!って、具体的にイメージすることで、わかりやすく目標を持ち直したって感じです。